確認作業は大事です。

月末の引き落としにお金が足りない事に気が付き、消費者金融でお金を借りる事にしました。
正確には、引き落とし額は足りるけど、そちらにお金を取れれてしまうとその後の生活費や携帯利用料が払えなくなってしまう為に借りました。

近所に無人契約機があり、他社ですが以前消費者金融でのキャッシングを経験していますので、キャッシング自体は何の問題もなく出来ました。
早朝の利用者が少ない時間帯に行ったので、即日融資もしてもらえました。

しかし、返済時に多少問題がありました。
コンビニのATMでの返済が可能だと思っていたのですが、「全てのコンビニ」のATMが返済に対応していなかったのです。
私の自宅の近くにあるコンビニのATMは非対応でした。

なので多少遠くのコンビニまで返済に行くのですが、これが意外にめんどくさかったです。
一度や二度なら良いのですが、完済まで何度も行かなくてはいけないし、仕事柄深夜にしか返済に行けないので、少しでも近いところが良かったのですが・・・

以前利用した消費者金融が自宅近くのコンビニのATMに対応していたので、てっきり今度の会社も対応していると勝手に思った私のミスなんですが、完済まで後悔しました。

めんどくさがったり、慣れているからと契約時にちゃんと確認しないと、案外小さな失敗があるものだと勉強になりました。
次回利用する時は、ちゃんといろいろ確認しようと思いました。

消費者金融で気軽にキャッシング

ここ最近、消費者金融のCMも明るくなり、有名人を使ったりとても親近感のわくものが多いです。実際主婦や若い方なども利用される方が多いようですね。

私も実際にキャッシングしたことがありますが、初めての時はとても緊張しました。その時は自分の思っていた消費者金融へのイメージがとても怖いものだったので、お店に行くまではかなり抵抗もありました。しかし、自分の想像とは全然違い、受付の方も女性の方で、とても優しく親切な対応をしてくださり、借りる時も、手続きや審査が難しいのでは?と思っていましたが、アルバイトだったにもかかわらず、すんなりと借りることができました。

そして返す時も自分のペースで、無理のない返済ができるので、とても助かりました。女性だととくに抵抗があるかもしれませんが、きちんと返しさえすれば何も問題ありません。私の友達もこの前旅行に行くために足りない分を消費者金融で借りたそうです。

昔は消費者金融といえば、お金に困っている人がどうしようもなくなって最後に借りる場所。なんて思っていましたが、今では店舗も多く、無人で借りれるところもありますので気軽に簡単に人目も気にせず、ちょっとお金が必要な時に、必要な分だけという感覚で、プチキャッシングも可能です。ただ借りたお金はきちんと返し、上手に利用しましょう。

消費者金融を利用する立場になって

私が小さかった頃はよくテレビのドラマやワイドショーに「サラ金のとりたて」「サラ金で借金地獄」などという言葉を耳にしました。このサラ金というのがいわゆる消費者金融のこと。ですから駅前で消費者金融の宣伝のポケットティッシュをもらったりするのにはとても抵抗がありました。消費者金融=悪で、消費者金融は人を地獄の底にひっぱり込むものだと信じきっていました。
しかし成人して自分がこの消費者金融のお世話になることになりました。べつに賭け事やブランド物を買いあさったわけではありません。ずっと欲しかったドラムを知り合いのつてで手に入れる機会があり、急に現金が必要になったからでした。
その頃は海外旅行へ行った直後で貯金がほぼ0円の状態だったし、音楽をする事には反対の親からはドラム購入のお金は借りれ無い。楽器店などで買うなら分割払いも可能でしょうが、現金が必要になった人がドラムを売るということで、全額まとめて現金払いが条件でした。
そこで思い切って消費者金融のカードローンを利用しました。
考えていたより審査も簡単であっと言う間に現金が手に入りました。
もちろん利子がついてしまいますが、ドラムを手にいれるためには仕方ないと割り切りました。
という事で今は借り入れた20万円の返済中です。ちなみに借金地獄とかは全くありません。普通に返済すれば何て事ありません。

消費者金融の良い所と気を付ける所。

お金は様々な所で借りる事が出来る時代ですが、消費者金融を利用するのに良い所と気を付ける所が
あります。

良い所。
お金を借りるには、自分の事を知って貰わなければなりません。性格などは関係ない方ですが、お金
回りなどは重要です。当然審査がある訳ですが、基本的にはこれには時間が掛ります。銀行などでは
受け入れられない程の時間が掛ったりしますが、消費者金融では行ったその日に借りられる事もあります。
切羽詰っている時はこれほど頼もしい事もありません。極めてシステム的になっているので、借りられない
人もいるにはいますが、この速さは忘れてはいけません。ネットだけで完結させる事が出来る所も、速さに
一役買っていますね。

悪い所。
しかし、銀行でお金を借りるのに時間が掛る理由があるように、消費者金融が速いのにも理由があります。
一番は、金利の高さですね。平面的な情報で貸すかどうかを決めるのでそれなりにリスクがあります。
そのリスクを許容するための金利の高さです。手軽で速いと言うだけで借りてしまうのは問題があります。
勿論それも含めて平気ならあまり関係ないかも知れません。ですが金額が大きくなると、払う額も大きく
なるので無視は出来ません。

何となく良くないイメージもある消費者金融ですが、そのイメージはあまり正しくないシステマチックな
モノです。

今の私には、デメリット

消費者金融、今の私のライフスタイルや、考え方の中においては、マイナスメージ、デメリット部分が大きいかなあ?と思います。

消費者金融で、お金を借りてしまうと、結論として、リスクがついてきますよね。

この、リスクである利息に幾ら支払うのか?
デメリットですよね。

増税の一途を進日本社会において、一般家庭には、皺寄せ皺寄せの御時世です!

消費者金融のもんを叩いてしまうのを、待ってください。

万が一、返済不能になってしまった時に、貴方の抱えているものは?

家族はいませんか?奥さんやお子さんは?
悲しい思いをさせないであげてくださいね。
消費者のイコール借金です。

返せる目処があり、消費者金融にいくのかもしれませんが、気楽な気持ちのキャッシング的な利用も、繰り返し慣れてくる事により、簡単に利用する癖がついてきたりしてしまいませんかあ?

万一借りてしまった時は、返済の可能は時は後回しせずに、即日返済することを念頭において欲しいものです。

あとになり、債権整理等で弁護士法人さん等にお世話になることのない様にして欲しいものです。

消費者金融に限らずですが、借りたら返す!
不要な物にはてを出さない!そんな生活をしていけば、あとから困ることも少ないと思います。

消費者金融からお金を借りる時のメリット・デメリット

最近は色々な方法でお金を借りる事ができる世の中になりました。そんな中でテレビでも、大手消費者金融のCMを目にする事が多くあります。そもそも消費者金融からお金を借りるメリット・デメリットとはどんな所にあるのでしょうか。
まず一番先にあげられるメリットとしてはその手軽さにあると思います。今何処の消費者金融も自らのホームページをもっていて、そこから誰でも情報を得る事ができます。さらに言えば、そのページ上から仮申し込みまでできてしまうので手続きがかなり簡単な為に”手軽”と言う印象を持ちます。
そしてもう一つのメリットをあげるとすれば、それは困った時にすぐにお金が手に入ると言う事でしょう。ほとんどの消費者金融は即日融資が可能で、最短で一時間かからずに手元にお金が貰えるのです。さらに夜九時まで審査を受け付けている所もあり時間的にもいつでもすぐに借りれると言う事がメリットになると思います。
しかしメリットばかりでなくデメリットもあります。それはお金を借りる時の審査に関わってくる事です。
お金を借りる時の審査と言うのはほとんどの消費者金融会社は信用機関に問い合わせをし、お金を貸しても大丈夫なのかを審査しています。その時に提出した情報と言うのは何年間か残り、仮に返済に遅れてしまったり返済が滞ってしまったりすると全て信用機関の記録として残ってしまうのです。
つまり、お金を借りたら常に信用機関を意識しなくてはならなくなります。しかも上記のように悪い印象の記録が残ってしまうとローンを組んだり次にお金に困ってお金を借りる時に審査に通りにくくなってしまいます。
以上の事が消費者金融でお金を借りるメリット・デメリットだと私は思っています。

消費者金融の悪い印象は過去の話

消費者金融といえばかなりマイナスでダークな印象がついていた時代もありました。その当時は消費者金融とは言わずにサラ金と読んでいてとてもネガティブなイメージだと思います。消費者金融は高金利で取り立てが激しいという怖い印象、ネガティブな印象を国民に与えてしまいました。とてもネガティブなイメージがあった消費者金融ですが、少しずつクリーンなイメージで明るいイメージを持って運営してきたのではないでしょうか。
印象というのはすぐに利用する人に影響を与えますから、消費者金融も印象を改善させて利用者が印象をよく持ってもらいたいと必死だったと思います。消費者金融は必死で印象をよくさせるために色々なことを測ってきました。今までのいきすぎていた激しい取り立てをやめて、法律もきちんと作られましが、結局一番消費者金融のイメージアップにつながったのはテレビのコマーシャルではないでしょうか。

最初にイメージアップをはかったのが、言わずと知れた消費者金融アイフルです。チワワをイメージキャラクターにしたところ、チワワに癒しの効果があり、消費者金融とは全く関係のない癒しのコマーシャルとしてこのあたりからどんどんイメージアップが図られてきました。その後も、武富士などはダンスをしているコマーシャルを放送したり、いろいろとそれぞれの消費者金融がテレビコマーシャルに力を入れることで消費者金融の印象はどんどんアップされてきました。

消費者金融と銀行の融資

思いがけない出来事などで急にお金が必要になったら、銀行や消費者金融から融資を受けるといる方法があります。融資をしてもらう場合消費者金融と銀行のどちらを選んだら良いのでしょうか。
両方とも、利息をつけてお金を貸すという点では同じですが、部分的に違うことがあります。消費金融と銀行は、金融業としてのありかたが違います。広く顧客を対象として、少しずつ融資をするのが消費者金融です。
一方、銀行の方はまとまった金額を、審査を突破したという人だけに行っています。銀行の審査は時間がかかり、内容も厳しめです。住宅や不動産を購入する為、事業資金にする為などにまとまったお金を必要とします。
何らかの理由で返済が滞った時のことを考えて、土地や建物を担保にしたり、保証人が必要になる場合があります。利子は消費者金融と比べて低めて年利や月利となっています。審査の時間が短く、条件も厳しくないことが、消費者金融系キャッシングの特徴です。借入可能な金額はそれほど多くはなりませんが、保証人や担保がなくとも借りられます。
貸付条件は申込み者の信用によります。銀行と比較すると消費者金融系の融資は金利が高くなるので、利息が高くなってしまいがちです。消費者金融系から融資を受ける場合と、銀行から融資を受ける場合とでは条件がいろいろと違っているため、自分にとって使いやすい方を選びましょう。

消費者金融の融資のメリット

お金を借りるという時は、消費者金融や銀行からの融資を受けます。消費者金融で融資を受ける場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか。申し込みから融資まで時間が余りかからなことが売りの即日金融サービスは、数ある金融会社のサービスの中でも重要度の高いものです。
審査が短時間で終わるため、手続きをして数時間後に融資のお金を受け取ることができます。消費者金融のいいところに、スピード融資があります。できるだけ早くお金を借りたいという人は、消費者金融がぴったりです。
申し込み日の融資を受け取ることも可能ですので、今すぐにでも現金を調達したいという時に利用することができます。銀行に融資の手続きをすると、審査が終わるまで数日~1週間はかかってしまうといいます。長く待つことができないという時にはとても頼りになるのが消費者金融の融資です。
消費者金融の審査は時間があまかからない代わりにゆるめですし、融資の期日自体が短めに設定されています。申し込みから審査までの時間がとても短く、融資を受ける段階までいくことは簡単になってきています。パソコンや携帯だけでなく、スマートフォンなども使って融資を受けることができるものです。ネットキャッシングを利用すれば、消費者金融の窓口まで来なくても、家にいながら手続きができます。

消費者金融から融資を受けるデメリット

消費者金融の特徴である即日金融ですが、気とつけなければならないことがあります。消費者金融は金利が高く、法律で認められている金利の上限いっぱいなところもあります。手続きが簡単で、その場の勢いででも消費者金融系キャッシングは利用してしまいそうですが、金利面からみればそうもいきません。
消費者金利の場合、それ以外の要素に顧客の目がいまようにしています。事実と異なることを言うわけではないですが、表現の仕方を工夫することで、あまり利息がつかないような印象を受けます。広告などでも表現の仕方を工夫することで、顧客が金利を気にせずに融資を受けたい気分になるようにプッシュしてくるのです。肝心の金利や返済については隅の方に小さく書かれていることも少なくありません。
消費者金融会社側はあまり大っぴらにならないようにしますので、こちらで注意点を探し出さなければいけません。顧客を増やし、融資の機会を多くし、返済時につく利益を得る機会を増やすことが、消費者金融会社の目的です。急ぎで融資を受けたいという人は、申し込みから融資までが時間のかからない消費者金融会社が魅力的に見えます。しかしその時に、金利や返済方法が二の次になってしまいがちです。
消費者金融を利用して融資を受けるという時には、金利や返済条件をきちんと確認して、必要な融資なのかをもう一度考えましょう。